« カカシコレクション'10 その3 | トップページ | デス街歩き »

2011年5月 7日 (土)

ゴイサギ VS UMA

※mixiのエントリを改訂、転載

外に出れば陽光は麗か、ウメの花ははや散り始め、サクラの蕾はそれに
取って代わらんとばかりに膨張し、開花を待つばかり。

そんな立春の石神井公園のアイドルは相も変わらず三宝寺池の水辺観察園に住み着いてコバルトブルーとオレンジのコントラストをきらめかせながら食餌の為のダイブを来園者にご披露する「水辺の宝石」ことカワセミである。

29763678_1051742401

29763678_978795923

朝も早くからカワセミが出現するポイントの此岸には、三脚に支えられた天体望遠鏡さながらの超巨大望遠レンズを装着したキャメラがずらりと並び、 止まり木から澄ました顔で水面を見つめているカワセミがダイブする様を逃すまいとファインダーを覗き込む日曜キャメラマンの背中を見つめながらとくとくと 歩くと左手には三宝寺池がカワセミ回りのそれとは対照的な静けさを持って姿を表す。

29763678_1043047450

29763678_1525638231

向こう岸にはカラスとペンギンの合の子のような鳥が誰にも注目されずにボーと朴念仁のように突っ立っている。

29763678_2326851663

※写真は井の頭公園で撮ったもんです。




ゴイサギである。漢字で書くと五位鷺

サギというくらいだから当然サギの仲間、 平安時代に醍醐天皇が神泉苑に遊んだ時の事
こやつがパタパタと飛び回りうっとおしかったので廷臣が「勅なれば畏まれ」と
叫ぶと天皇の下に舞い降りてパタリと羽根を閉じ、シャンと畏まった。
この行動を喜んだ天皇が従五位の位階を授けた事からこの名が付いたという伝承がある。

とってもノーブルな鷺、それがゴイサギなんである。

基本夜行性で薄暗くなるとクワッと嘶きながら飛び立ち、水辺で昆虫並びに小魚等をついばみ食す。つまり我々が活動し、カワセミのダイブを見ては シャッターをパシャパシャ、カルガモに餌を撒いてはやいのやいのしながら鳥類を愛玩している昼間は何してるかというと遠くむこう岸でボーっと身じろぎもせ ず突っ立って睡眠もしくは休息を取っており、観察する側としてはこれっぽっちも面白みがない。

29763678_2318634481

少しくすんだブルーとライトグレーのコントラスト、後頭からシュラッと伸びる一筋の冠羽がさすがは従五位たる高貴な装いでプロポーション的にはかっちょいい部類に入るとは思うのだけれど 徹夜明けの受験生のごとく眼を真っ赤に充血させて水面を虚ろに見つめ、いまにも世をはかなんで入水しそうなダークネスな雰囲気はカワセミやカモ達と比べるとやはりキュートさがずば抜けて足らんわけで

「うわーカワセミキレーかわいー」とか「うわーカモが餌ついばみに来てかわいー」とか
はあっても

「やーゴイサギが目ぇー真っ赤でボーッとしてるーかーわいーーーーー」

なんて黄色い声援は起こるべくもなく散策する人々には景観のひとつとして認識され、特に脚光を浴びるでもなく三宝寺池の彼岸に立ち尽くしているんである。

まあそんな感じであるゴイサギであるが小生はそういった夜シフトの世捨て人的なたたづまいも嫌いじゃないどころか世界人類を二つに分けて、どっちに属するか っていえばゴイサギびいきの方に入るわけで、暖かい陽光を浴びながら突っ立っている ゴイサギの姿でもどれ撮影したるかいなとキャメラをかまえて その姿をとらえたその時

29763678_3531244372

あんだけ微動だにしなかったゴイサギがなにやら体躯をかがめ、水中をもぞもぞとついばんでおられる。

なんや昼間でも食欲あるねー小魚でも発見したんであろうかと目をこらすと
なにかを釣り上げたかのように水中から「それ」を口箸にホールドして持ち上げた。
29763678_2455102557

ぶわっと



ながっ!
うなぎだろうかアナゴだろうかでもまさかそんなもんが三宝寺池にいる訳も無し
冬眠から覚めたシマヘビかアオダイショウであろうか。しかしそれにしても長いなあ

一体なんであろう。

草花はあふれ、緑が萌える悠久の自然の息吹、生命力に溢れたこの石神井公園も
所詮は東京都。

少しく足を伸ばせば冷たいコンクリートのビルが立ち並び、空を焦がさんばかりに
ネオンが照りつける巨大都市、その中には幾百、幾千の欲望に満ちた謀略が張り巡らされ、脳漿をくだき、生命を失うものも同じ数、その中で我らの耳目に触れるものはわずかばかりという 魑魅魍魎(ちみもうりょう)が跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)する地獄の吹きだまり。

それが東京。

よくよく考えればマッドサイエンティストの悪巧みによって三宝寺池に人知れずUMA(未確認生物)が解き放たれていてもなんら不思議ではない。

そして息を殺して水底にひたすら潜み、養分を蓄えグエムル(漢江の怪物)もびっくりの大きさに育って、いつの日か魔都東京をヒトのみにするに違いない。

そんな身も毛もよだつモンスターの幼体が、さあ春の陽光を浴びて一段とその体躯を巨大化させるぜこのヤローと水面近くに浮上した所をゴイサギ様に拿捕され、悪魔の企みが明るみにさらされたのであった.....


なんて妄想をしながら様子を見ていると
ゴイサギの口箸にしっかとくわえられたUMA(未確認生物)は首に絡み付いたりくにゃんくにゃん身体をうねらしたりと必至の抵抗を試みるがゴイサギもなかなかの強者、決してその力をゆるめず しっかと加えたまんまではあるのだが
血走った目はどこかうつろで所在なげ。獲物来れりとばかりに捕らえてはみたものの

「すいません、なんかUMA(未確認生物)捕まえちゃったんですけど どうすればいいですかね」みたいな感じで
獲物をだらしなく加えたままおろおろと右に左に駆け出す案配。


おたおた
29763678_3591839620


「何ゴミですかUMAって」
29763678_584442237



少し奥にはそんなてんぱったゴイサギを見て見ぬ振りのアオサギ。
29763678_2855404126

29763678_418841844

近代化によるコミュニケーションの欠如、

そしてそれが生み出す現代社会の病理はここにも現れていて再度認識。
咲きほこる花達、さえずる鳥達、中空に遊ぶ虫達、それでもここは東京、
うねるUMA、とぐろを巻く悪意。

で、どうしましょう。とりあえずこいつ弱らせますねと思ったのかどうだかうねうねするUMA(未確認生物)を がんがん地面に叩き付け、またもぼーぜんと考えたあげく

29763678_3319840742







29763678_2734512725

飲み込みました。



で、いつものボーとした構えに修正
29763678_2652981786

かくしてUMA(未確認生物)はその発育の中途において謀らずも市井の一ゴイサギに飲み込まれ、マッドサイエンティストの野望は挫折、東京の平和は保たれ、人々がカワセミ撮影や鯉のえさやりに癒される春の日常は続くのであった。

よくやったゴイサギ、俺は見てたぞ。

という妄想も楽しいので石神井公園散策の際はカワセミやカルガモ、
カイツブリ等のスター級だけではなく
ゴイサギとかにも注目する事をおすすめします。

UMAは多分ヘビかと、しかし災難ですねヘビも、うはーい春だぜってでかけた瞬間ゴイサギにぺろりだもんね。



29763678_625153941

« カカシコレクション'10 その3 | トップページ | デス街歩き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290982/39902962

この記事へのトラックバック一覧です: ゴイサギ VS UMA:

« カカシコレクション'10 その3 | トップページ | デス街歩き »