« 2010年11月7日 - 2010年11月13日 | トップページ | 2011年1月16日 - 2011年1月22日 »

2010年12月19日 - 2010年12月25日

2010年12月24日 (金)

カカシコレクション’10

007シリーズの最新作が公開されるたんびに「シリーズ最高傑作」と銘打たれる様に、
夏が来る度に異常気象だと喧伝される近年ではあるがそれでも夏は去り、
閉店がらがらといった感じで去り、街にモードが咲きほこり行き交う人々が
セレクトショップのショー・ウィンドウに足を止める秋がやってくる。

そんなファッションに敏感なボーイズ&ガールズ、紳士淑女が注目するかかしモードの
祭典が今年も盛大に少し寂しげに執り行われる。

中新田かかしまつりである。

去年の模様はこちらから 1

その2

その3

土肥で作られたランウェイに誇らしげに立ち並ぶオートクチュールかかしがトレンドを
作り出す瞬間を今シーズンも目撃してきました。ひっそりと、こっそりとね。

Dsc02713

Dsc02720

そんではいってみよう


<キャラクター部門>

●白土家

Dsc02725

今更解説の必要もないだろうが、このかかしは某携帯端末の宣伝活動において
国民的人気家族となっている、獣を家長とする珍妙な一家をイメージして
デザインされたものであり、かのファミリーに慄然と存在する
ある問題を浮き彫りにしたものである。

ここには獣の妻とその娘は姿を見せていない。
家族として衆目に姿をさらす事で巨額のギャランティーを必要とする有名タレントの
二人はテレビや映画などマスコミュニケーションの場で華やかにライトアップされる場に
しか登壇せず、量販店店頭イベントでの名刺交換などの地道な営業活動で
汗を流したり、ノベルティーグッズにおける大量生産など縁の下の力持ち的な
役割を担うのはこの兄と獣である。

さざえさんやちびまるこちゃんの系譜を継ぐ、
戦後〜高度成長期〜バブルを経て度重なる不況によって失われ、解体してゆく父権の
象徴がついには獣である。そんな悲哀の総和がこのかかしでは表現されているのだ。


Dsc02726

全部でまかせだ。


●ルフィー?

Dsc02728
語尾に?を敢えて付けるところが奥ゆかしい。謙虚だ、素敵だ。
我々が作ったこんなかかしごときが累計で2億冊も売れた超ヒット作のキャラの
名をかたるなんておこがましいっすよみたいな心情を表しているに違いない。
実は私は「ワンピース」というのは全然知らないのだけれど、たぶんすごくいい
出来だと思いますよ。なんか既視感あるし。

●お米を守るアバター

Dsc02866

とてもほそい。そして、

Dsc02868

すごくやる気がない。
もやしの親分みたいな鈍器をやたら短く持っているのは
完全に戦闘意欲がないしるしである。
タクシーが止まってくれなくて困っている感じだ。年末だし
田んぼの真ん中だし、青ざめてるし。


●ゆるキャラになれるかな?いちごっ娘
Dsc02885

毒々しい甲虫の背中を思わせる胸当てが威風堂々たるゆるキャラ
志望キャラ。

●あぜみちハッチ

Dsc02877

文句の付けようがないくらい高いクオリティなのだけれど
なにがすごいってこのネーミングセンス「あぜみちハッチ」
すごくナイスじゃないですか。
お姫様の手からぼわぼわした毛が出てるやつって結構
来てる人いるよね。満員電車だとあのぼわぼわがすごく
うっとおしかったりもする。


●おこめ店長

Dsc02775

額面通りに受け取れば米店の店長である。

Dsc02776
立ち食い感というかなんかこう、行儀が悪い感じだがそれも
お米を愛するが故。ストリートライスだ。





●ecoカッパ

Dsc02781

ペットボトルのふたや使い古しのシャンプーハットや風呂靴など
を結集して産まれたまさにECOなカッパ、その純朴たる瞳で
我が人類に環境観点での警鐘を鳴らす。

Dsc02784

「御社に決めました!」
ピュアすぎて正視できない。
シャンプーが入ったら激痛を伴いそうな瞳、シャンプーハット
着用さもありなん。風車が脳漿を貫いているのが気がかりだ。

●ロボットかかし


Dsc02859
中新田のテクノロジーの粋を結集して開発された膝下を折り曲げて
一本足でかかしのような姿態でその場に立つことができるロボットタイプの
カカシである。いや、ロボットとかかしのすき間である(注:かかし型ロボットではない)

Dsc02860
ROBOT  TO  KAKASIである。スペル間違いだとか野暮な事いう輩は
帰れソレントへ。(頭のとこで諸々受信しますので)



そんなこんなで次回は人物編とかです。
Dsc02939

Dsc02949

« 2010年11月7日 - 2010年11月13日 | トップページ | 2011年1月16日 - 2011年1月22日 »